ゼネラリストとスペシャリスト、どちらを目指す?

アメフト社会人
この記事は約7分で読めます。
就活さん
就活さん

何でもこなせるゼネラリストの方が優れていると思うわ

就活くん
就活くん

絶対的な武器を持っているスペシャリストの方が強いと思います!

こんにちは、マーキー(@Marky_Marky_74)です。ゼネラリスト(ジェネラリストとも)とスペシャリスト、どちらが良いのか?それぞれのメリットや、向いているタイプなどをまとめました。是非最後までお読みください。

マーキー
マーキー

どちらかが優れているというものではないので、気負わずに読んでくださいね。

ゼネラリストとは?スペシャリストとは?

ビジネスパーソン

ゼネラリストとは

英語の「General」が「広く一般的な」という意味を持つことから想像できるよう、多方面にわたる知識や能力を持つ人のことを指します。入社した時から「ゼネラリスト」になれる訳ではなく、定期的に社内の異動を繰り返し、様々なスキルを身に付けることで「ゼネラリスト」として成長していきます。

「広く浅く」タイプといえます。

もちろん、色々経験しているうちに「これだ」と思ったものを見つけた場合は、そこからスペシャリストへ舵を切ることもあります。

スペシャリストとは

英語で「Special」はご存知のとおり「特別な」という意味。スペシャリストは何か一つ(あるいは複数)の「特別な能力」を持つ人のことを指します。弁護士や公認会計士など有力な資格を持つ人や、デザイナーなどのある意味「職人」的な能力をもつ人が多いです。企業内でいうと技術職、あるいは経理など一部所でスキルを磨いていくことで「スペシャリスト」として成長していきます。

「狭く深く」タイプといえます。

ゼネラリストと同じく、スペシャリストとして成長して管理職になった場合は、ゼネラリストの側面も持つ必要があるので、ゼネラリスト転換も十分あり得ます。

ゼネラリスト、スペシャリストのメリット、デメリット

メリットとデメリット

ゼネラリストのメリットとデメリット

ゼネラリストは、様々な部署で様々ね経験を積むことができ、結果として幅広い知識とスキルを身に付ける事ができます。企業の上層部は何か一つだけ優れていても入れませんから、最終的に所謂「出世」をするのはゼネラリストかもしれません。また、様々な部署を経験することで、社内外で豊かな人脈を築くことができます。前回の記事に書いた自分のプラットフォーム化(参考記事:リーダーになるために心掛けたい3つのこと)するためには、とても有利にはたらきます。

一方、「何でもそこそこできる」というのは「何も特別に優れたものがない」とも取られるリスクがあります。「器用貧乏」とも揶揄され、企業から都合の良いように使われてしまうリスクがあります。また、「特別な能力がない」ことから、転職の際はスペシャリストより不利になる傾向があります。

知性を磨く〜「スーパージェネラリスト」の時代〜【電子書籍】[ 田坂広志 ]

スペシャリストのメリットとデメリット

スペシャリストは限られた部署の中で経験を積むことができ、その世界の「専門家」として深いスキルを手に入れる事ができます。専門スキルを高めることで、企業内でスタープレイヤーになれる可能性もありますし、経営陣から一目置かれる存在になることもできます。転職の際は分かりやすいスキルがあるため有利と言われており、スキルを極めれば独立も可能かもしれません。

一方、全体を俯瞰して見る機会が少ないため、企業の経営に関わるチャンスはゼネラリストより低くなります。また転職や独立を考える際も、そのスキルが世の中の需要にマッチしている必要があるため、そういう意味では「運」が必要になってきます。その企業だけに通用するクローズドスキルのスペシャリストの場合は、転職は難しいでしょう。

【中古】 文系サラリーマン勝ち残るアイツの仕事の中身 “ゼネラリスト”から“スペシャリスト”に変わる5つのステップ /佐藤芳直(著者) 【中古】afb
今なら中古110円~

ゼネラリストに向いている人、スペシャリストに向いている人

ゼネラリストに向いている人

ゼネラリストは様々な会社・部署の人と話をして、ものごとを進めて行く必要があるので、「好奇心が強く様々なことに挑戦したい人」や、「初見の人とも無理なく会話ができるコミュニケーション能力の高い人」が向いています。また、「メンバーの間に立って調整するのが得意」「全体を俯瞰的に見ながら最適解を探すのが得意」な方はゼネラリストとして成功する可能性が高いと考えられます。

スペシャリストに向いている人

スペシャリストは常に現場(デザインや経理などを含む)をメインとし、専門分野に自分の能力を注ぎ込む仕事をすることができます。「一つのことをコツコツ続けたい人」や、「何かに熱中できる、集中できる人」が向いていると言えるでしょう。スペシャリストはあくまで自身の担う業務のみ突き詰めた専門性が必要なので、もちろん周囲との連携や協調を求められることはありますが、「自身の仕事に集中して取り組み続けることができる」方は、スペシャリストとして成功する可能性が高いと考えられます。

ゼネラリストとスペシャリスト、リーダーになれる/出世できるのはどっち?

レース

スペシャリストは「自身の仕事」が明確であるため、目に見える成果を出しやすく、「○○のことは誰々に聞け」と言われるようになれば、早いうちに主任・課長への昇進が期待できます。一方、課長以上の管理職になると、字の通り「管理」をすることも大切な仕事となりますので、スタープレーヤーでも、頭打ちになってしまう恐れもあります。とはいえ、課長のポジションを続けていくうちに必要な能力も身についてくるものですから、必要以上に気にする必要はありません。

ゼネラリストはどうでしょう?管理職になると、複数の専門性をまたがったような検討や意思決定を行う役割が求められます。職人的なスキルを持つスペシャリストと異なり、顧客や他部署との調整などを業務とすることが多いゼネラリストは、管理職になった時にその能力を存分に発揮できることができるようになります。課長から部長、役員と上層部へとステップアップするのはゼネラリストが多いかもしれません。

とはいえ、近年は、ゼネラリストとスペシャリストの境界は、以前よりも曖昧になってきています。プレーイングマネージャーという「自分で実務もこなす管理職」も特別ではありません。しかしながら、「自分は管理側と現場側、どちらが向いているのか」と考えておくことは、将来のキャリア形成を考えるときにも有用です。転職時には、自分がどの方向に向かいたいのかを明確にしておきましょう。

小学生時代の「キャプテン」はまさに「プレーイングマネージャー」の役割担います。(参考記事:キャプテンは中間管理職)自分のプレーでチームを引っ張りながら、組織としてのチームをまとめる「キャプテン」を小学生時代に経験しておくことは、将来を考えるととても有利だと言えます。

「T型人材」、「π(パイ)型人材」を目指そう

「幅広い知識とスキルを身に付けている」ことはゼネラリストの長所ですが、逆にいうと「これといった特別な強みを持っていない」ともとられかねません。また、スペシャリストの長所である「深い専門的なスキルを持っている」ことも「限られたことしかできない」ととられてしまうこともあります。

そこで注目されているのが「T型人材」「π型人材」です。文字の形に注目すればおわかりかと思いますが、T型人材は「1本の深いスキルを持ちながらも、幅広いスキルを持った人材」を表します。ゼネラリストから一つを掘り下げる形でも、スペシャリストから幅を広げる形でも、どちらでもなることができます。そしてπ型人材は「2本の深いスキルを持ちなら、幅広いスキルを持った人材」を表します。今の時代T型人間は多くいるので、π型人間を目指しましょう。何と何を掛け合わせるか?無限の組み合わせの中で何を選ぶか、によって将来が変わってくることでしょう。

ゼネラリストとスペシャリスト、どちらを目指す?【まとめ】

雲と光

いかがでしたか?ゼネラリストとスペシャリスト、おそらく「自分はこちらに向いている」という感覚をお持ちの方も多いかと思いますが、はじめから決めつけてしまわないで、自由な気持ちで目の前の業務に全力で取り組むことがまずが大切だと思います。あと、機会があればまわりの人に聞いてみるのも良いでしょう。案外あなたの事を見ているものです。

マーキー
マーキー

ちなみに私は工学部から技術職のスペシャリストとして入社しましたが、管理職となって異動し、ゼネラリスト的な業務に就いています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。参考になったと感じられた方は、SNSなどで共有いただけると有り難いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました